FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://love2007dvd.blog87.fc2.com/tb.php/1033-aca8ff69
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

絶唱 [DVD]

絶唱 [DVD] (商品イメージ)
絶唱 [DVD]

◆会場となった、名古屋市千種文化小劇場は、ふだんはお芝居や踊り舞台となる円形劇場。クラシックの最前線で活躍する奏者の超絶テクニックと、楽器に触れた頃の初期衝動を思い起こさせるような喜びの表現が同居するのが、鬼頭ブラスの最大の魅力。楽器は?楽器は?楽器を吹くんじゃ、楽器を叩くんじゃなかったの?「音楽は何の為に、鳴り響く?」という不滅の命題に対するひとつの答えを、鬼頭ブラスは楽器で、そして自分たちの声で歌い上げます。
2006 年秋に名古屋市千種文化小劇場で行われ好評を博した、鬼頭 哲ブラスバンド「十月の絶唱」公演をライヴ収録(→ライヴ・リポート)。二台のドラムセットと二台のパーカッションが、ブラスバンドの背後から押し寄せ、ときに先導するさまは圧巻。医療職に就きながらも、「とあるバンド」や、現在はテナーサックス担当の山田愛が当時はボーカルで参加していた「なんちゃってソウルバンド」などで、細々とトロンボーンを吹く日々。
音楽の公演は珍しいとのことで、いざ当日会場入りしてサウンドチェックをすると、なんともデッドでヘビーな音環境。」(→「ブラスブログ」より引用)◆公演会場で先行発売された、鬼頭哲責任編集のミニブック、『鬼頭 哲 の ふしぎな日常』。
PR

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://love2007dvd.blog87.fc2.com/tb.php/1033-aca8ff69
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

lovelove

Author:lovelove
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。